氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート①

目次
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート①
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート②
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート③

ちなみにこの記事はネタバレ注意です
これから氷室京介LAST GIGSに参戦の方で

「イヤヨッ!私、セットリストなんて知りたくないわぁーー!!」
なんて人は読んではいけません。

いいですね?ネタバレですよ。
本当にいいんですね?
ネタバレ注意ですよ!
ネタバレ注意ですよ!
2016/4/29

一人のビックアーティストのラストライブなのだ。

氷室京介
about-staff-himuro

僕らの世代はもちろんのこと、若い世代や50代以上の方でも名前くらいは聞いたことがあるだろう。

氷室はking of rock などと称され
日本の音楽シーンを大きく塗り替えた人物だ

現在、氷室さんは55歳。
耳があまり聞こえなくなったのを理由に、ちょっと前に活動を休止のラストライブを行うと発表した。

最後のツアーは4大ドームツアー

・大阪京セラドーム
・ナゴヤドーム
・福岡ヤフオクドーム
・東京ドーム

僕の世代は、多感な青春の頃を氷室京介やBOOWYの曲とともに過ごしてきたといっても過言ではないであろう。

その氷室京介のラストライブだ。
気づいたらナゴヤドーム公演の抽選に応募していた。

ちなみにいつもライブに一緒に行くカミさんは、BOOWYや氷室系は全然知らないそうなので、今回は僕ひとりで参戦です。

豊橋から名鉄でエッチラオッチラと名古屋までやってまいりましたよナゴヤドーム。
変換 ~ 写真 2016-04-29 15 13 14
相変わらずデッカイなぁー

そしてその周辺は氷室LAST GIGSに参戦する数万人の人がうじゃうじゃ…

しかも、僕も含めてみんな中年ばっかりだ

そらぁそーだよねー、同世代の人たちなんだから、みんな昔は若くてとんがっていたけど、今じゃ体型も性格もすっかり丸くなったおじさん・おばさんたちですよ。
さっそくドーム内へ。

はじめて電子チケットなるもので入場しました。

これは、スマホとかにチケット代わりになるQRコードの画像データをダウンロードして、入場の際にはそのQRコードを機械にかざして、ピッてなったらゲートを通れるってゆーシロモノ。

なぜかゲートを通った後に紙のチケットらしきものを渡される。
変換 ~ 写真 2016-04-29 15 34 52

でもスマホのQR画像がチケットになっているから、ダフ屋が活動できないんですね。
いつもは独特のダミ声で、、
「チケット買うよぉ~チケット売るよぉ~」
って独り言のようにしゃべっているオッサンとかいませんでしたもんね。

ナゴヤドームは、中に入ってからでもグッズが売ってたりします。

外のグッズ売り場で売り切れになっていた商品も、中のグッズ売り場には売っていたりするので、外の売り場にお目当てのグッズがないときは、迅速にドーム内の売り場へ急ぐべしっ!

そしてひときわ目を引くのが、花々。
変換 ~ 写真 2016-04-29 15 36 09

中に入っても、かなりの数のフードコートが円周上外通路に軒を連ねているので、腹が減って困るなんてことはない。

そして僕はといえば、グッズコーナーに行ってしまうと、そのときのノリで不要なものをたくさん買いこんでしまうので、

かといって、せっかく氷室ラストライブなのだから、何にも買わないのはちょっと寂しい。
せめて何か記念になるもの…
Tシャツは外も中も全部ソールドアウト。

なのでマフラータオルを購入。
変換 ~ 写真 2016-05-01 1 43 33

よし、後は何にも買わないぞっ
そう心に決め自分の席へ。

抽選で当たった席なのに3階席の一番後ろてー

でもステージのほぼ真横なので、意外と肉眼で氷室さんを見ることができる。
ヘタにアリーナの後ろのほうよりは見やすいのではないだろうか

それでも5階席までびっしりなので、3階席であれば、まだ良い席のうちなのだろうか。

そして自分の席へと座る。

うっ、左隣のおっさん、身長190センチ以上あって、しかも横ハバも結構ある…
ううっ威圧感が…
でも、前の席がコイツじゃなくて良かった

右隣は華奢な細身のたぶん同世代のおばさんだ。
細身の人が横だとホッとするわぁ~

3階の最後列の席なので、スタンド席の前の方を一望できるのだが、ここで開演まで、しばし得意の人間観察をば…

まず、驚いたのが、男のほうが多い。

普通、男性アーティストの場合、女性ファンが圧倒的に多いのだが、
なぜか氷室に限っては、男の数が多い。

やはり、「男に惚れられる男」なのであろうか。

そして、年齢層がほぼ40~50代。

目立ったのが目薬を打つ数。

みんな目に来るお年頃なのでしょう。
右見ても左見ても目薬ばっかり差しよる。
さながら、全日本目薬大消費大会の名古屋ブロック予選である。
※そんな大会はないでしょうけど

17時開演なのに、まだ全然客席についていない人がいっぱいいて、上からアリーナの様子を見ていると、まだ全然席が埋まっていない。

たぶん、外周通路のところで、まだグッズ売り場に並んでいたり、フードコートで食べもの食ったりしているんだろうか?

17時を回った頃から、既に席に着いている観客たちによる
「はよう出てこいやー」的な手拍子と
あちらこちらから
「ヒムロォォォォーーーーー!!」
とか
指笛がピュウゥゥゥゥゥゥゥゥウウゥゥゥッ!!
とか
「京介ェェェェーーーー!!」
とか
声援が飛び交う。

開演予定時間を過ぎてからどのくらい経っただろう。
体感的には20分くらいかな、
急に客電がばんって落ちてドーム内が真っ暗に

ワアアアアァァァァァァーーーー
会場中大きな拍手と歓声が巻き起こる。

やっと待ちに待ったライブ開演である。




ドラムンべイスのSEが流れ
ステージ横の巨大モニターに
今までの氷室ライブの歴史をクールに編集した映像が流れる

KING OF ROCK SHOW
NEO FASCIO
Case of HIMUURO
IN THE MOOD

当時の映像を交えながら氷室京介の歴史を流れていく。

そして最後、モニターに大きく
「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」
と出てステージ照明がバーーン!!

そこにはもう氷室さんがいる

マイクに向かって
「xxxxxxxゼッ!!」

最初セリフ、気合入りすぎで聞き取れなかった…

そして懐かしいあのイントロ

【DREAMIN’】

すごい、いきなりBOOWYの大人気曲だ

当時の曲を聴くと、不思議なもので
この曲をよく聴いていた15歳くらいのころに戻ったような錯覚に陥る。

体はすっかり中年であることに変わりはないのだが、気持ちが10代の多感な時期の自分がサッと憑りつくというか、そんな感じ。

会場に来ている多くの観客たちも、当時この曲を聴いて、
泣いたり勇気をもらったりしたばずであろう…

もう25年以上前に聞いていた曲なのに、
サビの部分に差しかかると口が勝手に歌いだすんですね

「oh Yeh! I’m only Dreamin’」のところは観客みんな大合唱





【RUNAWAY TRAIN】
懐かしいBOOWYの曲が続きます。

布袋らしい曲ですよね

I must believe it,I must believe it
の部分で

「カモンッ」って客席にコーラスを振ってきます

BOOWYの曲は、こーゆーコーラス掛け合いのところになると
脳内で勝手に布袋の声が聞こるのは僕だけだろうか…

ウワサでは、このLAST GIGSツアーの最終日には布袋もサプライズで登場するとかしないとかゆーウワサがあります。

ま・あくまでもウワサなんですけど
でも、本当に布袋が登場したらスゴイだろうなぁ

この曲なんかもめっちゃ盛り上がるんだろうなぁ





【BANG THE BEAT】
急に雰囲気がオトナな曲調に

氷室ソロの曲BANG THE BEATだ

この曲はカッコイイですねー

観客へマイクを向けてくるのはサビの部分
「弾けるのさBANG THE BEAT」

氷室渾身の「REASON TO BELIEVEーー!!」

僕はもうすでに興奮で泣きそうである

この曲の最大の見せ場
「ソウルがココにある限りぃーー」
全身全霊を込めて絶叫する氷室

聴いてる僕は全身トリハダもんである





【BLUE VACATION】
またまたBOOWYの曲。

この曲は観客と一体になりますよねー

10代の頃、この曲の影響で
何かあるたびに
「だってガラスのジェネレーション」
などと言って周りの大人たちをイラつかせていたものだが、

それが今では、すっかりおじさんになってもうて、
肩とか腰とか関節がガラスのジェネレーション

コーラスはまたファンのみんなで

うぉっおっおーおおおー
うぉっおっおーおおおー
らすとぅなぁい
とぅなぁい
とぅなぁい
とぅなぁぁぁーーーあいっ





【PARACHUTE】
比較的最近の氷室ソロの曲
“B”ORDERLESSってアルバムに入っているんだそうですけど

実は僕はこの頃ぜんぜんCDを買わなくなってしまっていたので
こんなアルバムがあること自体知らなかった…

ライブが決まってから、あわてて調べてレンタルしたようなことで

BOOWYを彷彿とさせるいい曲ですね

イカ セテ モラ ウゼ

観客との掛け合いも大盛り上がりでした





【Welcome To The Twilight】
BOOWYの曲。

オールキャリアのラストライブということで
BOOWYの頃のファンも多いのであろう。

それぞれの中年たちは、それぞれの若い頃を思い出したりするのであろう。

僕もご他聞にもれず、
若い頃の未熟なゆえに、何もかも思い通りにいかなくて、いつもイラ立っていた
そんな景色を脳裏に映しながら

この曲のサビの歌詞
「仕方ないネ」というフレーズを口ずさんでは
ああ、仕方ない仕方ない、だって仕方ないんだもん。
などと、ムリヤリ自分を納得させていた

 

 

 




【16】
聴き入る曲が続きます。
これもBOOWYの名曲ですね。

今、思い返せばBOOWYの曲って
歌詞の内容が当時の若者の共感を呼びまくっていたんですね。

特に僕なんかは、昔から曲とか映画とかの影響をすぐ受けるタチなので

この曲の歌詞にももれなく感化されて
ありったけの金を握りしめて
ドロだらけならぬ、穴だらけの靴で
別に何かショックなことがあったワケではないのだが、
家を飛び出して最寄のJRの駅からテキトーに電車に乗って
市の端っこまで行っては見たものの

「あ、ヤベ、明日バイトだった…」
っと思い出して踵を返して家に帰ってきて
だたただ電車賃を散財しただけ
なんてことが2度3度ありました。

 

そしてライブは続きます。

「氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート②」へ続く


 

 

目次
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート①
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート②
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート③

氷室京介LAST GIGS ナゴヤドームのセットリストをYOUTUBEから動画を拾い集めて再生リストを作りました。
BGMやライブの予習にご活用ください

この著者はこんな記事も書いてます



■暗記や勉強に効果的な無料WEBアプリ作ってみました
■新しい洗濯表示を覚えるためのトレーニングWEBアプリ
■豊橋祇園花火祭 お役立ちガイド~これから花火大会に行く人必見!~
■自分でできるDIY電話配線工事(屋内・屋外)
■綾小路きみまろ ライブレポート 笑撃ライブ2016 in 名古屋(日本特殊陶業市民会館フォレストホール)2016.05.12
■スキマスイッチ ライブレポート① POPMAN’S CARNIVAL in 名古屋 2016.05.10
■スキマスイッチ ライブ セットリスト POPMAN’S CARNIVAL in 名古屋(日本特殊陶業市民会館フォレストホール)2016.05.10 セトリネタバレ注意!
■中島美嘉ライブレポート THE ACOUSTIC 2016 ~MIKA NAKASHIMA 1st Premium Tour~ in 名古屋(愛知県芸術劇場大ホール) 
■光電話とは?
■氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート
■LINEスタンプ作成・販売ざっくりレポート(オリジナルLINEスタンプ第二弾発売記念?!)
■オリジナルLINEスタンプ第三弾!なうおんせぇーる!
■春風亭 小朝 独演会 in 豊橋PLAT
■本当はあまり教えたくない豊橋の隠れたおいしい店⑤~れすとらん川上~
■コラアゲンはいごうまんライブ in 焼津文化会館(2016.04.09)
■大相撲春巡業―岡崎場所2016.04.06
■浜松 de よしもとオワライブ 2016.03.19 ライブレポート
■自作LINEスタンプが承認されましたぁ
■ドラゴンゲート浜松大会2016.03.19 レポート

この著者が描いた微妙なLINEスタンプ発売中

買ってとは言いませんっ!
見るだけ見てやってくださいっ

第一弾

http://line.me/S/sticker/1263783
IMAGE2

第二弾

http://line.me/S/sticker/1273125
image

第三弾

http://line.me/S/sticker/1272540
image

この著者はこんな記事も書いてます

ポスター3 【ぜんじろう&コラアゲン 4都市ツアーファイナル ライブレポ】

2016年2月28日に静岡県焼津市で行われた抱腹絶倒お笑いライブのネタバレしない程度にまとめたレポート。スタンダップコメディ日本の第一人者である「ぜんじろう」。体験ノンフィクション漫談の第一人者「コラアゲンはいごうまん」。この二人が最強タッグを組んで日本4大都市でライブツアーのファイナル公演。笑いあり涙あり。濃いぃぃ一日を書き綴っています。、

sum 【稲葉浩志ソロツアー Koshi Inaba LIVE 2016~enIII~in名古屋 ライブレポート】

2016年2月11日に名古屋・日本ガイシホールで行われた稲葉浩志ソロツアーの様子をネタバレ必至で僕の主観を交えて詳細にお伝えしている記事。B’zファン・稲葉ファン必見です。

sum 【タクシー】

僕が子供の頃に出会った粋なタクシーの運転手さん。
涙なしには語れない感動秘話です。

sum1

sum2

【安い!軽自動車ユーザー車検ガイド 豊橋】

車検~それは、忘れた頃にやってくる大きな出費。
自分で車検をやってしまうのが一番安い!!。

この記事では、愛知県豊橋市でユーザー車検を受けるときの予約の方法から書類の書き方・費用・検査場での流れまで詳しく説明しています。

 






この著者はこんな記事も書いています

■はーなーせーにゃー
■お客様、サイズ感がちょっと…
■豊橋うずら農家の今
■朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足…
■ドラゴンゲート-ドラゴンキッド凱旋大会 2016.01.31 東海市民体育館
■本当はあまり教えたくない豊橋の隠れたおいしい店④~キッチン・フライパン~
■コラアゲンはいごうまん&3ガガヘッズ ライブin名古屋-得三[Tokuzo]
■人食いネコの恐怖…
■ドラゴンゲート岡崎大会レポート① 2016.01.19 in 竜美丘会館
■ドラゴンゲート岡崎大会ガイド~会場案内~
■ドラゴンゲート岡崎大会ガイド~座席表~
■ドラゴンゲート岡崎大会ガイド~赤コーナー青コーナー
■本当はあまり教えたくない豊橋の隠れたおいしい店③~すし義~
■本当はあまり教えたくない、豊橋の隠れたおいしい店②~そば藤~
■本当はあまり教えたくない豊橋の隠れたおいしい店①~幸製麺所~
■VAMPS LIVE 2016 JOINT 666 ライブレポ~Zepp名古屋~
■Zepp名古屋~入場から開演まで~
■Zepp名古屋~会場入りまでの流れ~
■Zepp名古屋~車で行く~
■コラアゲンはいごうまんさんから年賀状が届きました
■本当はあまり教えたくない豊川の隠れたおいしい店~てんぷらの二条~
車でスマホの音楽を手軽に聴く方法
■ビフォーアフター
■高齢者雇用の現実を垣間見る
■山崎まさよしライブレポート~Twenty First Century Men TOUR~
■耳を疑う質問
■テザリングとは?①~パソコンを買ったら絶対にネット回線も契約しなければいけないのか?~
■テザリングとは?②~iPhoneのテザリングでパソコンをネットにつなぐ方法~
■テザリングとは?③~Andoroidスマホのテザリングでパソコンをネットにつなぐ方法~
■テザリングとは?④~使いすぎに注意~
■年賀状の隠れミッキーと隠れプーさんを探せ!
■ネコ動画~あきらめない心~
■新春!お笑いフェス in 名古屋 レポート
■要注意!IMAXの3Dメガネと普通の3Dメガネは違う
■福岡の名物&土産といえば
■福岡グルメ旅行~らるきぃ~
■福岡グルメ旅行~吉塚うなぎ~
■激安!福岡旅行~文化財に泊まる~鹿島本館
■LCCジェットスターで激安博多旅行~機内では~
■LCCジェットスターで激安福岡旅行~出発空港編~中部国際空港セントレア
■LCCジェットスターで激安福岡旅行~予約編~
■ランニング考
■ランニング考②
■ランニング考③
■四十肩
■ことわざを考えてください
■道民→内地へ
■道民→内地へ②
■ケンタッキーにて
■ドラゴンゲート
■寝言
■毎年恒例 よしもと爆笑公演 in 中日劇場
■郵便局難民
■白サギさんからお手紙ついた
■真夜中に
■少年は戦った・・
■悲しみのカタコト
■パンツの話
■沈黙の復讐
■オカンのトリッキーな弁当
■老い
■ある朝の出来事
■納棺師の頃の話
■スイカ500円!!産地直送
■ちょっと悲しいお話


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です