氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート②

目次
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート①
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート②
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート③

ちなみにこの記事はネタバレ注意です
これから氷室京介LAST GIGSに参戦の方で

「イヤヨッ!私、セットリストなんて知りたくないわぁーー!!」
なんて人は読んではいけません。

いいですね?ネタバレですよ。
本当にいいんですね?
ネタバレ注意ですよ!
ネタバレ注意ですよ!

 

 

 

 

 

 

「氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート①」からの続き

急に青を基調とした照明に変わり
雰囲気が一変する。

モニタには青い光に包まれた逆光の氷室の姿がゆれる
いつも思うけど、逆光がこれほど似合うアーティストも他にはいないのではないだろうか。
陰影というかシルエットアウトラインがとてもカッコイイのも氷室の特徴だ。

【LOVE&GAME】
そしてオトナなロツク調のイントロ。
氷室ソロの曲、LOVE&GAMEだ。

この曲はカッコイイですねー

まだCDとかをガンガン買っていた頃に
氷室ソロの最初のアルバム
フラワーアルジャーノンに入っていた曲ですね。

BOOWYとは違って都会的な音と歌詞。
田舎の少年の僕は、その言葉ひとつひとつに憧れたものである。

ふむふむ、
ジュリエットは過去と未来の際でジラすのだな?

ふむふむ
ポイズンは飲み干すのだな?

ふむふむ、
罪とバツにときめかなければならないのだな?

天パーのちんちくりん少年の僕は
ただでさえダサいのに、変なモノをインプットされて
ますますおかしな方向に行くのであった
そんな苦々しい思い出はさておき、

ライブでは、サビの部分で観客にマイクを向けてきますので
「♪LOVE&GAME 震えるなら甘いワナに
LOVE&GAME ときめくなら罪とバツに」
をみんなで歌いましょう。

 

 





【TO THE HIGHWAY】
これも最近のライブではおなじみの
BOOWYの最高に盛り上がる曲。

有名なお約束がありますね。

イントロのところ
ウラ声全開で
ほぉぉぉぉうっほぉーうっ!
ほぉぉぉぉぅっほぉーうっ!
そして次は
サビ前のフィルインのところ
2・4拍目で
またまたウラ声全開で
っほぉぉぉーーうっ!
っほぉぉぉーーうっ!
サビでも
氷室さんが
うーううーううー、ダカラァッ!
って叫びながらマイクを向けてきますので
観客側は
「ハイウェイに乗る前に!」

である。

 

 




【BABY ACTION】
BOOWYの盛り上がる曲が続きます。

懐かしいですねぇ~
僕だけだろうか、
ステージ上に布袋が走り回っている幻覚が見える

そしてお約束

氷室さんが
つらくなるぜっ
くらくなるぜっ!!

って叫んでマイクを客席に向けてきたら


オマエに今もFeel in love tonight
オマエに今もFeel in love tonight
Feel in love today so pass♪

を観客側で歌います。

 

 





【ミス・ミステリーレディ】
そして急に雰囲気が変わって氷室ソロの曲。

BOOWYの曲は
「青春真っ只中、元気に縦ノリ」
みたいなイメージだけど

氷室ソロの曲は
「都会的な大人」
というイメージ。

それを代表するような曲のひとつがこのミス・ミステリーレディではないだうろか。

こんな空気感の曲はBOOWYの頃は演らなそうですもんね。もんね。

氷室京介がこーゆー曲を歌うと
本当に艶っぽい声で
曲の雰囲気にピッタリ合うんですよねー

絶対に「ゆず」とか「GReeeeN」とか
あーゆー声質の人たちでは表現できないんじゃないかな。
※disってるワケではありませんので悪しからず

 

5/2追記

そんなことを意気揚々と書いていたら、記事を読んでいただいた方から、ミス・ミステリーレディはBOOWYの曲だよーって教えていただきましたっ。。。

調べたらJUST A HEROに入ってるんですね。
あわててアルバム聴きなおしたらちゃんと入ってました…
ううっお恥ずかしい…

思いっきり「氷室っぽい」とか「BOOWY的じゃない」とか、鼻息荒く解説していたんですけど、これはしっかりBOOWYの曲でした

 

 




【IF YOU WANT】
この曲もイイ曲ですよねー
震災のときに作った応援ソング的な感じで、
しっとり系バラードっぽい曲調なんだけど
歌詞の内容が力強い。

♪道なき未知を進め
コンパスはマイソウル♪

僕のコンパスはしょっちゅう酩酊したように迷うけど、

WE CAN BE HERO
みんなヒーローになれるよ

IF YOU REALLY WANT
もし君が本当に望むなら…

これは英詞じゃないと
氷室っぽさが出せないなぁ
なんてにわかに思ったしだいで

 

 




【LOVER’S DAY】
パーカッシブなイントロ。
会場がわああああぁぁぁーっとざわめく。

LOVER’S DAY
感動的な曲が続きます。

僕もこの曲、すごい好きなんです。

♪おおまい らぁーばぁーーずでぃ
今も胸にのーこーぅるぅ~♪

本当に氷室の深く艶のある声は
こんな曲を歌わせると
オジサンの涙腺を緩ませてくれるよ

「もう、あれほど誰かを

大切に想うこと

二度とはないだろう…」

若い頃、失恋するたびに
どこからともなく
この曲が頭の中を流れたものである。

でも、今思えば
失恋したときなんか、絶対こんな曲聴いたらダメだよね
より辛さが増すじゃねーか

それはさておき、曲じたいは
とっても名曲です

 

 




【CLOUDY HEART】
そしてBOOWYファンの中では
ひそかに人気の高い曲
CLOUDY HEART である。

そして、BOOWYファンではない人の認知率が異常に低いのもこの曲の特徴だ。

当時、BOOWYはあまりテレビに出演していなかった上に
シングルではなく、アルバムの中の一曲なのだ。

でも、曲自体はとてもいい曲。

当時でもカラオケとかでこの曲を歌うと
周りが「ええ~何ぃ~この曲ぅ~、しらないしらな~い」
って空気になってしまうという。
ある意味、不憫な曲である。

当時、彼女7股かけていた友人M君という男も、この曲をよく歌っていて
「HONEST LVOE オマエだけを愛してたぁ」って
その「オマエ」ってどの彼女のことだ?
なんて素朴な疑問を持ったものである。

氷室本人もこの曲は気に入っているみたいで
この曲にまつわる色んなエピソードがあります。

BOOWY最後のシングルのB面に氷室本人がこの曲を推してきたとか

同棲してた彼女と別れたときにできた曲だとか

実はその彼女との間に隠し子がいるとか、

PVに映っている子供がソレだ、とか

当時、いろんな噂が、札幌の片田舎で飛び交って
少年の僕は、著しく落ち着きを失ったものである。

 

 




【NATIVE STRANGER】
僕が氷室の曲で1~2位を争うほど好きな曲が
ベタかもしれないんですが、この曲です。

最初聴いたときは、
「なんてカッコイイ曲なんだろう」って思いました。

ライブでこの曲が聴けるなんて感動もひとしお

この曲もサビの部分をお客さんが歌うっぽいです。

氷室さんがサビ前の
I’m gonna dance with god more!!
って叫びます

そしたら観客側で
「NOBODY EVERYBODY LOVE SOMEBODY IT’S TRUTH」
の部分を歌うってゆーお約束です

 

 




【Warriors】
これも盛り上がる曲ですね

この曲もお約束あり

サビの
「うぉーーーりーーーあぁーー」の合唱

それと、間奏のところで氷室さんが
っおー!、っおー!、っおー!、っおー!
って手を振り上げながら煽ってきますので、それに乗って一緒
っおー!、っおー!、っおー!
って応えましょう。

 

 




【B・BLUE】
イントロが流れた瞬間、会場がおおいに沸いた
BOOWYの名曲、B・Blueだ。
僕も若い頃、数え切れないほどカラオケで歌った曲。

もう二十年以上前に聞いたり歌ったりしていた曲なのに
エライもんで、この歳になっても歌詞が勝手に口をついて出てきます。

そしてこの曲の掛け合いは
「ON THE WING WITH BROKEN HEART」
の部分ですね

この曲のギターソロの冒頭の部分

きーこーりーのーきーりーかーぶ
きーこーりーのーきーりーかーぶ

って流行りましたよね?

えっ?もしかして僕の近辺だけ?

 

 




【RENDES-VOUS】
BOOWYの観客巻き込みの盛り上がり系の曲だ

観客側の掛け合いは
Day by day
Good boy
Changing
Sister boy
Just hey! hey! 小悪魔とランデブー

BOOWYの頃のライブが脳裏に蘇ってくる
脳内では布袋の声が混ざる

観客も観客で、中年ばかりのはずなのに
ライブが進行すればするほど
みんな元気になっていって
掛け合いもだんだんとデッカイ声で叫ぶようになっていく

なんてエネルギーにあふれた中年たちであろうか

氷室ジュニア(勝手にそうよばせてもらってます)は
当時から何か言い知れない大きなエネルギーをみんな持っていた気がする。
今の若者にはないようなエネルギー

そのせいか喧嘩も多かったけど…

 

 




【BEAT SWEET】
これもBOOWYの懐かしのナンバー

あの当時のギター少年のほとんどが練習したイントロのフレーズ

観客側の掛け合いは
「BABY抱き合えるなら」
の部分ですね

また脳内に布袋の声が…

 

 




【ONLY YOU】
これもBOOWYの曲では1~2位を争うくらい人気曲ですね

往年のBOOWYファンの盛り上がりは最高潮。
この曲も昔、カラオケで数え切れないほど歌った曲であろう。

カラオケに行くと
♪オンリユー、たった一度♪のあとに
周りの人たちで
「一度と言わずに二度三度っ!」って合いの手を入れるの流行りましたね

これも観客側のお約束はご存知のとおり

「♪オンリユーッ!そーのまーまーでぇー~

からサビの部分をみんなで合唱なのだが、

うっかり最初から最後まで口が勝手に歌ってしまいます

そして、最後のほうの
ONLY ONLY ONLY ONLY ONLY YOU!
ONLY ONLY ONLY ONLY ONLY YOU!

ここもみんなで大合唱

曲の終わりで氷室さん
「OK!気持ちいいゼ!名古屋ぁーー!!」

会場中が応える
ワアァァァァァァーーー
ウオォォォォーーーー
ヒムロォォォォーーーー

どっかんどっかんである。

 

 





【PLASTIC BOMB】
このままの盛り上がりにさらに火に油を注ぎます。

BOOWYのアルバムの中の曲なのに、やたらと知名度が高いこの曲
PLASTIC BONBだ

これも布袋らしい曲ですよね
またうっすら布袋の声の幻聴が聞こえる…

掛け合いは
「Let’s go!!」の部分

ステージではファイヤーボールが上がります

火の玉が上がって、最後にバーナーでボオオオォォォォって
ナゴヤドームではよくやるんですね。

あれって熱が客席まで来て
真夏のライブだと暑さで倒れそうになるよね

 

 




【WILD AT NIGHT】
この曲も初期の氷室ソロのアルバムの曲。

掛け合いが多くて盛り上がる曲なので
ライブの定番曲となっていますね。

やっぱ今回のLAST GIGSでも出ましたね

この曲の掛け合いは、AメロとBメロの間の
わーい、わーい、わーい、わいるだっなーあーいっ
っはい!っはい!っはい!っはい!

 

 




【WILD ROMANCE】
この曲もカッコイイですねー

サビの部分を客席に振ってきます
「風のナーイフーでー 暗黒のそらーぅおー」
観客が歌います。

観客も観客で、さっきから結構歌ったり叫んだりしてるので
気づけばノドはガラガラだ…

しかし氷室さんはスゲエなぁ

この時点でもうすでに20曲以上歌ってるのに
歌えば歌うほど声がよく出るようになっているのだ
超人かっ!?

 

 




【MC】
いままで、あんまりMCらしいのが無かったけど
ここにきてようやく氷室さん、普通にしゃべります。

デビューして25年
最初から大切にしてきている曲を贈ります

エンジェェェーールッ!!

そう、氷室京介がソロ活動を始めた最初の曲だ
思い入れも深い一曲。

もう会場は興奮のルツボと化した

「氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート③」へ続く


目次
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート①
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート②
氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート③

氷室京介LAST GIGS ナゴヤドームのセットリストをYOUTUBEから拾い集めて再生リストを作りました。
BGMやライブの予習にご活用ください

この著者はこんな記事も書いてます



■暗記や勉強に効果的な無料WEBアプリ作ってみました
■新しい洗濯表示を覚えるためのトレーニングWEBアプリ
■豊橋祇園花火祭 お役立ちガイド~これから花火大会に行く人必見!~
■自分でできるDIY電話配線工事(屋内・屋外)
■綾小路きみまろ ライブレポート 笑撃ライブ2016 in 名古屋(日本特殊陶業市民会館フォレストホール)2016.05.12
■スキマスイッチ ライブレポート① POPMAN’S CARNIVAL in 名古屋 2016.05.10
■スキマスイッチ ライブ セットリスト POPMAN’S CARNIVAL in 名古屋(日本特殊陶業市民会館フォレストホール)2016.05.10 セトリネタバレ注意!
■中島美嘉ライブレポート THE ACOUSTIC 2016 ~MIKA NAKASHIMA 1st Premium Tour~ in 名古屋(愛知県芸術劇場大ホール) 
■光電話とは?
■氷室京介 LAST GIGS in ナゴヤドーム ライブレポート
■LINEスタンプ作成・販売ざっくりレポート(オリジナルLINEスタンプ第二弾発売記念?!)
■オリジナルLINEスタンプ第三弾!なうおんせぇーる!
■春風亭 小朝 独演会 in 豊橋PLAT
■本当はあまり教えたくない豊橋の隠れたおいしい店⑤~れすとらん川上~
■コラアゲンはいごうまんライブ in 焼津文化会館(2016.04.09)
■大相撲春巡業―岡崎場所2016.04.06
■浜松 de よしもとオワライブ 2016.03.19 ライブレポート
■自作LINEスタンプが承認されましたぁ
■ドラゴンゲート浜松大会2016.03.19 レポート

この著者が描いた微妙なLINEスタンプ発売中

買ってとは言いませんっ!
見るだけ見てやってくださいっ

第一弾

http://line.me/S/sticker/1263783
IMAGE2

第二弾

http://line.me/S/sticker/1273125
image

第三弾

http://line.me/S/sticker/1272540
image

この著者はこんな記事も書いてます

ポスター3 【ぜんじろう&コラアゲン 4都市ツアーファイナル ライブレポ】

2016年2月28日に静岡県焼津市で行われた抱腹絶倒お笑いライブのネタバレしない程度にまとめたレポート。スタンダップコメディ日本の第一人者である「ぜんじろう」。体験ノンフィクション漫談の第一人者「コラアゲンはいごうまん」。この二人が最強タッグを組んで日本4大都市でライブツアーのファイナル公演。笑いあり涙あり。濃いぃぃ一日を書き綴っています。、

sum 【稲葉浩志ソロツアー Koshi Inaba LIVE 2016~enIII~in名古屋 ライブレポート】

2016年2月11日に名古屋・日本ガイシホールで行われた稲葉浩志ソロツアーの様子をネタバレ必至で僕の主観を交えて詳細にお伝えしている記事。B’zファン・稲葉ファン必見です。

sum 【タクシー】

僕が子供の頃に出会った粋なタクシーの運転手さん。
涙なしには語れない感動秘話です。

sum1

sum2

【安い!軽自動車ユーザー車検ガイド 豊橋】

車検~それは、忘れた頃にやってくる大きな出費。
自分で車検をやってしまうのが一番安い!!。

この記事では、愛知県豊橋市でユーザー車検を受けるときの予約の方法から書類の書き方・費用・検査場での流れまで詳しく説明しています。

 






この著者はこんな記事も書いています

■はーなーせーにゃー
■お客様、サイズ感がちょっと…
■豊橋うずら農家の今
■朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足…
■ドラゴンゲート-ドラゴンキッド凱旋大会 2016.01.31 東海市民体育館
■本当はあまり教えたくない豊橋の隠れたおいしい店④~キッチン・フライパン~
■コラアゲンはいごうまん&3ガガヘッズ ライブin名古屋-得三[Tokuzo]
■人食いネコの恐怖…
■ドラゴンゲート岡崎大会レポート① 2016.01.19 in 竜美丘会館
■ドラゴンゲート岡崎大会ガイド~会場案内~
■ドラゴンゲート岡崎大会ガイド~座席表~
■ドラゴンゲート岡崎大会ガイド~赤コーナー青コーナー
■本当はあまり教えたくない豊橋の隠れたおいしい店③~すし義~
■本当はあまり教えたくない、豊橋の隠れたおいしい店②~そば藤~
■本当はあまり教えたくない豊橋の隠れたおいしい店①~幸製麺所~
■VAMPS LIVE 2016 JOINT 666 ライブレポ~Zepp名古屋~
■Zepp名古屋~入場から開演まで~
■Zepp名古屋~会場入りまでの流れ~
■Zepp名古屋~車で行く~
■コラアゲンはいごうまんさんから年賀状が届きました
■本当はあまり教えたくない豊川の隠れたおいしい店~てんぷらの二条~
車でスマホの音楽を手軽に聴く方法
■ビフォーアフター
■高齢者雇用の現実を垣間見る
■山崎まさよしライブレポート~Twenty First Century Men TOUR~
■耳を疑う質問
■テザリングとは?①~パソコンを買ったら絶対にネット回線も契約しなければいけないのか?~
■テザリングとは?②~iPhoneのテザリングでパソコンをネットにつなぐ方法~
■テザリングとは?③~Andoroidスマホのテザリングでパソコンをネットにつなぐ方法~
■テザリングとは?④~使いすぎに注意~
■年賀状の隠れミッキーと隠れプーさんを探せ!
■ネコ動画~あきらめない心~
■新春!お笑いフェス in 名古屋 レポート
■要注意!IMAXの3Dメガネと普通の3Dメガネは違う
■福岡の名物&土産といえば
■福岡グルメ旅行~らるきぃ~
■福岡グルメ旅行~吉塚うなぎ~
■激安!福岡旅行~文化財に泊まる~鹿島本館
■LCCジェットスターで激安博多旅行~機内では~
■LCCジェットスターで激安福岡旅行~出発空港編~中部国際空港セントレア
■LCCジェットスターで激安福岡旅行~予約編~
■ランニング考
■ランニング考②
■ランニング考③
■四十肩
■ことわざを考えてください
■道民→内地へ
■道民→内地へ②
■ケンタッキーにて
■ドラゴンゲート
■寝言
■毎年恒例 よしもと爆笑公演 in 中日劇場
■郵便局難民
■白サギさんからお手紙ついた
■真夜中に
■少年は戦った・・
■悲しみのカタコト
■パンツの話
■沈黙の復讐
■オカンのトリッキーな弁当
■老い
■ある朝の出来事
■納棺師の頃の話
■スイカ500円!!産地直送
■ちょっと悲しいお話


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です